【引き寄せコンシェルジュ養成学院】第7回レポート

9/16に引き寄せコンシェルジュ養成学園の7回目授業が開催されました!

前半の小テストは、10年前に大ベストセラーとなった書籍を出版されたある著名人のこれまでを九星気学の観点から紐解きました。

昨年離婚報道で話題にもなったこの著名人の運勢の巡り方や身近な方々との相性を確認。夫婦間での相性、お子様との相性を確認すると、昨年の離婚報道の流れとなったのも納得してしまう結果となっていました。そして、もしこの著名人がお客様であるならば、どのようなアドバイスをしていけばより良い人生となっていたのかを考えました。
今回は「子はかすがい」という言葉がキーワードになっていましたね!

後半は九星ごとの運勢の流れについて、事業運の観点から細かく学びました。
◇新しいことを始めるのはおススメできない年
◇上半期は上手く物事が運ぶので、下半期は有頂天になってはいけない年
◇種をまくかの如く、準備を着実にしていくと良い年
・・・などなど、年の運気の良し悪しの見極め方や、人生を順風に送るための気持ちの持ち方などを学びました。

さらに、九星のそれぞれの特性について改めておさらいしました。
自分の身の回りの人たちについても九星の観点から話し合い、より一層九星のもつ素質について理解できたのではないでしょうか?

次回もがんばっていきましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP